Contents


2日間にわたって、様々なイベント企画が!

 

ミニライブもちつき体験がステージでおこなわれます。

2Fの各ブースでは、ワークショップ交流イベントなどなど。

 

東北の美味しいモノを食べながら飲みながら、

ぜひ、たくさんの企画に足を運んでみてください♪


Day 1 (9.21)

もちつき体験(無料) 

①12:00~/②16:30~  (1F ステージ)

一関市といえば、豊かな自然に囲まれた岩手県の最南端の町。実は一関、冠婚葬祭いつでもお餅を食べる「おもちの里」なのです。良質なもち米が産出され、もち食文化が長く受け継がれています。種類も豊富で、あんこ、きなこ、納豆、ごま、ずんだなど、お餅に絡めるタレが三百種類もあり、「つけだれ三百」とも言われています。当日は、その場で大人も子供もみんなで作って食べて楽しめる、”もちつき体験”をご用意しています!

Day 2 (9.22)

もちつき体験(無料)   

①12:00~/②16:30~  (1F ステージ)

一関市といえば、豊かな自然に囲まれた岩手県の最南端の町。実は一関、冠婚葬祭いつでもお餅を食べる「おもちの里」なのです。良質なもち米が産出され、もち食文化が長く受け継がれています。種類も豊富で、あんこ、きなこ、納豆、ごま、ずんだなど、お餅に絡めるタレが三百種類もあり、「つけだれ三百」とも言われています。当日は、その場で大人も子供もみんなで作って食べて楽しめる、”もちつき体験”をご用意しています!

参加団体etc


NPO法人 東北開墾

2013年から食べもの付き情報誌『東北食べる通信』を創刊し、東北の一次生産者のこだわりや地域の魅力を紹介し、「都市と地方をかき混ぜる」をコンセプトに活動を続けています。生産者と消費者が繋ががり合うコミュニティ「CSA(Community Supported Agriculture)」や「日本食べる通信リーグ」,「NIPPON TABERU TIMES」の運営なども行っています。当日は、農家自慢の野菜の直売や、CSAの方々との交流ができるブースも用意しています!


HP:http://kaikon.jp/

FBページ:https://www.facebook.com/tohokukaikon

 

一般社団法人 LIGHT UP NIPPON

「東北を、日本を、花火で、元気に。」をスローガンに、東日本大震災被災地の太平洋沿岸を含む十数箇所で、鎮魂と復興の願いを込めた花火を打ち上げており、多くの人を笑顔にしてきました。2011年8月11日から今年で5回目になりますが、毎年かかさず活動を行っています。今回のトレフェスでは、「Hanabeer(ハナビール)」が飲むことができ、また東北の夜空に打ち上げる花火玉に、メッセージを書き込むワークショップも開催します!

HP:http://lightupnippon.jp

 FBページ:http://www.facebook.com/lightupnippon

 

ご当地マルシェ キスケヤ

店主の佐々木喜幸さんは岩手県大槌町出身。 主に関東各地のイベントにおいて三陸地方の物品販売の活動を通し、多くの人に三陸のいいところを知ってもらえるよう、三陸と東京を結ぶ活動を行っています。最近では、隅田川花火大会や「アキバグリーンフェスティバル」など、様々な場所で出店。今回も、”三陸の魅力”がつまった、バラエティ豊かな商品たちを販売していただきます!

 

FBページ:http://www.facebook.com/kisukeya.exp

 

yamory

「ボウサイをデザインするyamory」は、『「防災」という堅苦しいテーマを身近で楽しくてかっこいいものに変えていきたい』という想いで半年に1度の非常食の定期宅配サービスをはじめ、様々な活動を行っています。 「非常食が備蓄されているのが当たり前の世の中に。そして、防災を日常に。」 トレフェスでは、そんなyamoryの代表、岡本ナオトさんにお越しいただきます!「渋谷区のボウサイ」を考えるトークセッションや非常食に関するスペースも用意しております!

yamory HP : http://yamory.com/

 

Photographer 大森 文暁

宮城県の気仙沼出身。写真家・大森文暁(ふみあき)。震災以降、「NPO法人 笑顔プロジェクト」の専属のカメラマンとして、仮設周宅にお住まいの方や子どもたちの”笑顔”を撮り続けています。復興庁がおこなっている、「学生ボランティア促進キャンペーンポスター」の写真も。

そんな大森さんの協力もあって、今回のトレフェスの会場内で、写真展「東北に暮らす」を開催していただけることになりました。会場内のいろんな場所においていますので、ぜひお楽しみ下さい!


FBページ:https://www.facebook.com/fumiaki.omori.photographs

and more…

アーティスト情報


THE R.O.X 

Day1 ①13:30~14:00/②20:00~20:30

Day2 ①13:30~14:00/②20:00~20:30

自称、世界最強のパンクロックバンドのギターボーカル。言うのはタダなので言っている。2013年渋谷クラブクアトロにて自腹ロックフェスを主宰。最近はロックフェスGAIB2Uを主宰。最近の趣味は残業。

2020年グラミーアワード「年間最優秀アルバム」受賞予定。あーはやくアルバム出したい。

HP : http://www.the-rox-69.com/

美湖♡ Shingo☮(ミコラブシンゴピース)

Day1 ①14:15~14:45/②19:15~19:45

 

美湖としんご、10年来、魂のつながりのある2人が

『美湖 ♡ Shingo ☮ 』を結成。

大地を感じるようなしんごのギターと

宇宙を動かすような美湖の歌声。

2人の波動を包容力のある楽曲が全てをつつみ込む。

HP:http://mikolsp.jimdo.com/

協賛企業


株式会社 エーデルワイン

岩手県花巻市にある、岩手を代表するワイナリーの1つ。

大迫町の「早池峰山(はやちね)」の自然の恵みをたっぷり受けて育てられる葡萄&ワインは、フルーティーでしっかりとした味。

今回は、普段からTregionのメニューとしてご提供させて頂いていたりするご縁から、協賛企業としてトレフェスを応援してくださいます。


トレフェスで今回提供したのは、"岩手の純情ワイン赤・白"。

赤ワインは果実香豊かで、ブドウ感がぱーっと口の中に広がります。

白ワインはフルーティな香り・さっぱりとした甘口が印象的です。

どちらも、岩手の料理にあう一本です。ぜひいかがでしょうか?

 

エーデルワイン HP : http://www.edelwein.co.jp/

酔仙酒造 株式会社

岩手県陸前高田市・大船渡市に酒蔵をもつ、清酒製造会社。 「地元の風土に合った美しい酒」「芳醇にして呑み飽きしないきれいなお酒」の名の通り、"綺麗な水”や”麹づくり”にこだわった日本酒。全国で親しまれている「雪っこ」などがその代表作。そんな酔仙酒造さんが、今回のトレフェスに協賛していただきました。

トレフェスでお出ししたのは、爽やかで甘口系、発泡清酒の「ShuWaWa」と秋が時期な「純米ひやおろし」。どちらも、普段酔仙さんでは扱ってない、期間限定の商品ですので、ご注文はお早めに!

 

酔仙酒造 HP :http://suisenshuzo.jp/

and more…

後援


岩手県一関市

一関市といえば、豊かな自然に囲まれた岩手県の最南端の町。

世界遺産の平泉や、厳美渓、いわて南牛など、たくさんの名所・特産品がありますが、実はこの一関、冠婚葬祭いつでもお餅を食べる「おもちの里」でもあります。

当日の会場内では、そんな一関市の魅力をただご紹介するだけでなく、移住定住・就農相談スペ-スやみんなで楽しめる”あの伝統行事”をご用意しています!

また、一関PRサポーター・エイミーさんをお招きして、魅力をお伝えします!エイミーさんプロデュースの「ちびたけ」も限定20袋だけ販売!

一関市HP:http://www.city.ichinoseki.iwate.jp/ 

and more…

(団体・企業名敬称略)